品質と安全

QUALITY&SAFETY

HOME > 品質と安全

DINCAD・REVITについて

Quality and Safety : DINCAD・REVIT

品質と安全の取り組みの全体像

トータル管理で作業ミスおよび作業ロスを軽減。

製品出荷までの流れ

  1. STEP1

    DINCAD・REVITデータの取り組み

    お客様から頂いたCADデータから、鉄筋の納りを確認して拾い出しを行い、データを本社TPMへ送ります。

  2. STEP2

    加工データの自動生成

    CADから、製品の形状、材質、加工方法などの必要な情報がすべて加工データとして自動生成します。

  3. STEP3

    加工帳への登録

    加工データは、加工帳に自動転記されます。
    これにより、お客様のご発注内容や納期などが正確に管理されます。

  4. STEP4

    絵札(荷札)の作成

    絵札(荷札)が作成され、加工場に渡されます。
    この絵札に付けられたバーコードで出荷まで管理されます。

  5. STEP5

    バーコード読み取り

    加工機に、バーコードを読み取らせることにより、正確な切断、曲げ作業が可能になります。

  6. STEP6

    加工作業

    バーコードを読み取ることにより、長さなどは自動入力されるのでスピーディーな作業が可能です。

  7. STEP7

    出荷準備

    加工が終了した製品は、加工場内にある屋根付き倉庫にて保管され出荷を待ちます。

  8. STEP8

    出荷

    トラックに積み込み、現場にお届けします。

在庫保管

在庫の品質を最高の状態に保つため、全ての工程を屋根付きヤード内で行います。

安全協議会

全社員で労働災害を防止し、安全で安心して働ける職場環境の為に、定期的に「安全大会」を開催しています。